TANこと市田妙美の著書『この一瞬に』~心身症を克服した心理カウンセラーの詩集~(エンタイトル出版)はAmazonにてご購入できます。または市田までご連絡ください。たくさんの読後メールありがとうございます☆
by takeotae
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
びぃ・すまいるからの 『...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

聖域

f0035387_1312845.jpg


とうとう、踏み入れてしまった。
息子の聖域に足を。

中学の頃からギターと共に彼の生活がある。
高校受験の前の日はエリック・クラプトンのコンサートでハイ状態のまま試験を受け(本命校ではないにしろ)、大学受験の前の日もコンサートだったかライブだったかで、朝帰り。やきもきする私のことなどなんのその・・・朝ごはんを口に詰め込み、弁当を抱えて試験会場に・・・。

クラプトンは彼の神様である(ギターの神様ともいう)。「神様が大阪に来ているのに行かないわけにいかんやん!メチャ失礼やん。」という彼の持論に、即納得してしまう私も私だが。
大学受験前日の時はストップをかけたかったが・・・三度の飯より愛して止まない音楽と一過性の受験、彼の天秤計りはもちろん音楽に傾いている・・・無理強いは私たちの子育てにはないなぁ、と思ってしまう私も私だ。とほほ・・。

そんなこんなで、彼の部屋と彼の通っているライブハウスは聖域だと感じていた。本能的にそう思ってしまっていた。(基本、個人の部屋と言うのは聖域だと思う。だから、立ち入らない。メチャ汚いし・・)
だが、先日とうとう、ライブハウスに

 聖域に足を踏み入れてしまった~!

ずっと続けてきた、弾き語りライブ(3つほど続けている活動のひとつ)が終わるという。
ずっと、聴きに来たらいいのに、と言われてたのだが・・・なんせ、聖域には足を踏み入れないというこだわりがあったので、行かなかった。
が、とうとう、行ってみた。
(別に彼にここが聖域という意識はない。彼にとっては普通に生きるに必要なエネルギー補充のガソリンスタンドのような場所なのかもしれない。)

だが、彼がなんと言おうと、やはりここは聖域だ!
ギター職人の彼の聖域だ。

以前の彼はギターを弾くエンターテイメントだったように思う。
(中学の修学旅行にギターを抱えて行ったのは彼が初めてだろう。その時は知らなかったが、長崎の被爆者の詩に曲をつけて送ったらしい。
高1の時、勝手留学をした。その時最初に送った荷物はギターだった。)

今、彼はギター職人になっていた。
ひたすらギターを弾く。確実に上手くなっている。
心を感じる。生命を感じる。ギターから流れるのは彼の心の叫びであり、心の機微であり、愛であり、彼そのものであった。

聖域に足を踏み入れて・・・初めて聖域を理解する。
聖域にいる彼は聖域を守る守護神のようでもあり、聖域をつくっている職人のようでもあった。

*追伸*
なぁ~、ところで、もうそろそろシュウカツ(就職活動)が始まるんじゃないの~?一度は企業の中で、もまれるのも大事だと思うんですがね・・。ま、君の人生だし、君なりに考えてると思うけどさ。どこまでどう行くのか・・・楽しませてもらいます。
[PR]
by takeotae | 2007-05-20 13:14 | Comments(0)

親バカの詩 ~娘が嫁いだ日~

f0035387_13405870.jpg
f0035387_13414563.jpg







真白なハナミズキは
まるで娘のようだ・・と
いつも思ってた
満開のハナミズキを見るたびに
いつも、そう思ってた

5月12日、晴天のなか
春の陽射しとほんの少しの初夏の香
たくさんの愛に包まれて
娘は花嫁になった

陽の光を浴びて微笑む姿は
真白なハナミズキのようだった
風になびき
風に謳う
満開のハナミズキのようだった

幸せのドレスをまとった娘は
春の陽のように暖かな人のもとへ
嫁いでいった

ハナミズキには
春の陽射しがよく似合う
暖かな陽射しがよく似合う

ほんとうに
よく似合う・・・
[PR]
by takeotae | 2007-05-13 10:40 | Comments(0)