インターネットラジオ パーソナリティしてます♪ 毎週金曜12:00~12:30『ゆるゆるTAN-TANメモ』★「ゆめのたね ラジオ」で検索(http://www.yumenotane.jp)→「関西チャンネル」下の▲をポチッと押すと世界中どこからでも聴けます!
by takeotae
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
びぃ・すまいるからの 『...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


回想2006 その3(菅井啓之先生)

あるようでないもの・・・心の傷、心の闇
ないようであるもの・・・亡くなった人の想い、魂、愛

こう定義する事から、大阪教育大付属池田小学校の殺傷事件の被害者である小学生を立ち直らせた、菅井先生のこと。

先生はさらに、自然の中へ子どもたちを連れて行く。何度も連れ出す。
「外に出たがらない子どもを無理やり連れ出すのはどうか・・」と批判を受けながら。
先生はこだわっていた。自然の偉大さ、崇高さ。全ては自然の賜物であること、人間は自然の前ではただのチッポケな一部分である事、死もまた自然の営みの一部にすぎぬ事、etc・・。

心の闇をぐっと握ったまま、その闇を離さない(離せない)子どもたちの手に光を当て開かせようとした。
怖くて怖くてぎゅっと握りしめてしまう、不安で不安で強く握りしめてしまう。(彼女達に限った事ではない。心の病気に苦しんでいる人たちのほとんどはこんな状態だ。)

握りしめた闇に光を当てると闇は消えていく、と先生はおっしゃる。結局、闇などどこにもないのだ。自分が勝手にいだいた妄想なのだ。そのことに気づくまで、自然の中で、目に見えないけど確かにある空気や風を感じさせ、死んでいった先生や友達の想いや魂や愛を感じていく・・。想いや魂や愛は死なないと。

半日ご一緒しただけなのに、まるでずっと前から知り合いだったような気さくさと大らかさに圧倒されてしまった。
子どものように自然を語り、ずっと笑っていらっしゃる。どんなバカな質問にも真摯に答えてくださる。

私が提案した『MOTTAINI』メンタル・プロジェクトを先生に報告するときに「自然のこと何も語る資格がないんですが、先生の教えを頂き”自然の中へ”という項目を入れました」と言うと
「自然を語る資格のない人など、どこにもいませんよ。自然は全ての命の本源ですから」とおっしゃった。

自然が、言葉を発するために人間の姿をしているんじゃないかと、錯覚してしまった・・。
華奢な身体で、笑顔いっぱい、命いっぱい輝いている人。

今年、この人に出会うためにあったのだろうか・・と思うほど感謝であふれている。

菅井先生ありがとうございます。

*先生は池田小学校の子どもたちを立ち直らせ、現在、ノートルダム女子大の教授です。
[PR]
by takeotae | 2006-12-31 19:02 | Comments(0)
<< 回想2006年 その4(大きめの器) 回想2006 その2(水谷修さん) >>