人気ブログランキング |

インターネットラジオ パーソナリティしてます♪ 毎週金曜12:00~12:30『ゆるゆるTAN-TANメモ』★「ゆめのたね ラジオ」で検索(http://www.yumenotane.jp)→「関西チャンネル」下の▲をポチッと押すと世界中どこからでも聴けます!
by takeotae
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
ブログパーツ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
びぃ・すまいるからの 『...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ビール80ccのチカラ

い~っぱい書きたいことあったのに、色んな事があって退屈しない日々だったのに、書けなかった。

それもこれもアルコールに弱いせいだ。
暑い毎日になった。連れ合いさんが美味しそうにビールを飲む。夕食で飲むと片付けも出来なくなるので、グッと我慢してお風呂上りに飲む。

いったいどれくらい飲んだら思考停止、活動停止になるのか。いつも飲んでるコップにいつも飲む量の水を入れて計ってみた。ビールは80cc、ワインだったら120ccだ。
めちゃめちゃ悔しい!これって乳児のお風呂上りに飲む水分摂取じゃないの~?

久々に日記に向かったのに、これ以上書けない・・うっ・・。
ごめんなさい(;_;)/~

思考停止、活動停止の私が、どうにかこうにかキーボードをたたくとこんな感じです。眠りから覚めてこの文読むと
ギェ~!!なんじゃこりゃあ~!!
と暴れると思いますが、アルコールの勢いで送信します。
      エイ!
# by takeotae | 2006-06-22 00:53 | Comments(0)

もう、大丈夫

忙しかった。すこぶる忙しかった。先週の話である。

極めつけは、土曜日早朝4時に起きて、三重県まで引越しの手伝い。昨日の日曜は出勤。だから日帰りだった。フラフラになって帰ってきてチョッと寝てお仕事に。

今日はうれしい、うれしい代休!~♪ルンルン♪♪
スライムのようにダラ~ンとしてます。
寝転ぶとダブルの布団1枚分くらいにタラ~ンとのびて、座ると座椅子の角度に折れて、立つとお腹やお尻や胸や顔の肉さんたちは下へ下へと私を引っ張る。

う~ん、良い良い。実にイイ感じ。
今日だけはタルン・タルンのスライムに変身してもイイんだよ。明日からまた、気持ちだけのシェイプアップ頑張るからさ。

感慨深げに思い出している。21年間の神経症のこと(これからもまだ続くかもしれないけれど)。代休や1人の休日の事。

スライムになんてなれなかった。昼寝なんてできなかった。休みというだけでそわそわしてた。次のやるべきことが頭から離れなかった。日頃見えないものがやたら見えて落ち着かなかった。胸のドキドキが聞こえそうでじっとできなかった。夕食のメニューが決まらないとイライラしてた。好きじゃない自分と向かい合うのが辛かった。ゆっくりせねば、と追い込んでた。不安だった。怖かった。etc・・・キリがない・・。とにかく、しんどかった。

今はこんなだらしない自分がいる。自分と向かい合わない自分がいる。こんな日が来るとは思わなかった。

今朝、連れ合いさんが「よく、そんなに元気になったなぁ。昔だったら、もうとっくに寝込んでるのにな。良かったなぁ。」としみじみ言って出勤して行った。

うん、ありがと!
優しさにくるまれてると、人は立ち上がれるんだな。楽しい事が待ってるような気がして。

私をくるんでくれてるたくさんの人たちにお礼を言わなきゃ。
「私はもう大丈夫です。ありがとう!」
たとえ、また発作が来ても大丈夫。少し凹んでゆっくり充電、そして、思いっきりジャンプすると思うから。

        ビヨォ~ン!!
# by takeotae | 2006-06-12 13:08 | Comments(0)

訳あって

一気に過去の6こ分の日記を載せてみました。良かったら遡って読んでみてください。

この頃、ブログ書けなかったのはmixiというのをしてて、そこの日記ばかりを書いていたのです。両立は無理と判断し、同じ内容を書こうと決めました。なので、一気に載せたのはmixiの日記と同じ内容です。あしからず・・。
# by takeotae | 2006-06-11 20:09 | Comments(0)

太ってないッス

舌っ足らずな小力(長州小力)がチョット気に入ってる。

え~っ!?TANの趣味って・・なんて言わないでください。私、幼い頃からず~っとアブノーマルなもの、マイノリティなものに惹かれるんですぅ。(我が連れ合いさん、ごめんね。深い意味はないのです・・。あなたは永遠ですよ~。例え、あなたがブタさんに変身しても一緒に楽しく暮すわ!)

ROUND-1のCMが大好き。
とある日、連れ合いさんは元気がなかった。う~ん、一緒にご飯食べてても全然美味しくない。腹が立ってきて・・けど、キャンセルキャンセル。

その時初めてやってみた。
「倒れてないッス。ぜんぜん倒れてないッス。」舌っ足らずで、人差し指をチョンチョンと振りながら。(さ~、皆さんご一緒に!)
バカウケしたんだわ。やった~!って感じ。嬉しい。
連れ合いさんは元気に笑ってくれた。

以後、バカな私は息子・娘・職場・・やってしまうんです。う、う、う・・悲しい大阪人の性(さが)でしょうか。ウケりゃいいのか。
悲しいのはそれだけではなく、な、なんと・・お、お腹が・・!

そう、お腹が小力になってるじゃあ~りませんかぁ~!!

みんなが「似てる~」とか「おかしい~」とか喜ぶもんだから、つい調子に乗ってやりすぎました。反省・・。
でも、何で、お腹が小力になんなきゃいけないの~?
大好きな一番のお気に入りだったCOMMEのパンツをはくと・・・まさにまさに、小、小力ではないかぁぁああぁああぁぁ。しかもそのパンツの色は黒・・・

ショックが大きすぎて寝込みそうです。ハイ・・・
「キャンセル・キャンセル・・。」うっ、エネルギーが届かない。

ならばこれしかないか。これを言い続けるしかないか・・。

『太ってないッス。ぜんぜん太ってないッス。』

*パンツってズボンのことですよ。な~んか、気になってしまって・・。まさか、パンティを思い浮かべた人いませんよね?
# by takeotae | 2006-06-08 21:00 | Comments(0)

吐いた言葉の責任

言葉というのは言霊(ことだま)と言われる。
自分の口から吐き出された瞬間から魂が宿る。たしかに・・。

水谷修さんの講演ネタ第三弾(?)。記憶がだいぶ薄れてきてイッパイ持ってたネタが私の頭の中で次々消えていってる・・・(うっ、また、やってしまった。私は”残す”という作業がヘタ。”留めておく”というのも。自然に残ったものを大事にするタイプなんだな。)

夜の世界をさまよう子どもたち。
メールや電話で「死にたい」という言葉をいとも簡単に吐き出していく、という。本当に死にたいのかと突き詰めれば、違う、という。本当は、本当に「生きたい」。

彼らは律儀だ。死にたいと吐いた言葉の責任をとって、自らの命を縮めたという。いったい何人の子どもが、自分の吐いた言葉の責任をとったか・・と水谷さんは嘆いていた。

心の奥底で「生きたい」と想いながら、何故自分の体内から出て行くときには「死にたい」という言葉にすりかわるのか、考えていた。

心の奥にあった言葉が吐き出されるまでの道のりは、そんなに遠いものなのだろうか。希望が萎えてしまうほど、無気力になってしまうのだろうか。
大人が落とした溜め息や愚痴や虚ろな空気を彼らは思いっきり吸ってしまったのではないのか。だったら彼らは大人が汚した社会の煤(すす)を吸ってしまった被害者だ。

夜の世界をさまよう子どもたち・・・吐いた言葉の責任などとる必要はなかったんだ。
大人が汚してしまった社会の掃除を私たち大人はまだ、していないというのに。それどころか、まだ、汚し続けているというのに。

子どもというのは本当に律儀で敏感で純粋なのだ・・。
# by takeotae | 2006-06-04 23:18 | Comments(0)

ハリネズミの関係

水谷修さんの講演で(小出ししかできなくてごめん)「今の親子関係はハリネズミの関係がとても多い。針が痛くて抱き合えない。」
というフレーズがあった。

こんな本当の話をしてくださった。

”高校生の娘は学校行事の打ち上げに行く。帰るタイミングを逃し、時間がどんどん遅くなる。「心配してるだろうな」とやっとの思いで、家路を急ぐ。
母は心配しながらも帰ってきたら笑って「おかえり」と言おうと思っている。そこへ父が「もう、何時だと思ってるんだ!おまえのしつけが悪いからあいつがこうなる!」と叫ぶ。母の中で急にいらだち、怒りが込み上げる。
そこへ娘が急いで帰ってくる。母の口から思いがけず「今何時だと思ってるの!」と言う言葉が出る。娘は必死に帰ってきた思いが急にバカバカしくなり外へ飛び出す。
この時から娘は夜の世界をさまようようになり、親子の関係は今ももどれない。”
どこの家庭でも見られる光景だ。そんなに特別なことではないだろう。

本当はみんなとても優しい。心の中でいつも誰かを思いやり、気遣っている。きっと、みんな誰も。
ほんの少し、何かがほんの少しズレルだけでムクムクと針が立ってしまうんだろう。人間がいとも簡単にハリネズミになってしまえるということなんだろう。
針を立てても修復できる関係、傷ついてもいいから抱きしめて針をねかせる関係、それはそんなに難しいことではないと信じている。

どれだけ家族と一緒に笑っているか。どれだけ夢を語っているか。どれだけ楽しい話をしているか。どれだけ幸せを見つけているか。
どれだけ好きだと伝えたか・・etc。

書いてみると、やっぱりとても簡単なことだと気づく。
材料は全て子ども達が持っている。私たちはそれを表現するだけのことだ。
その作業をサボっている親(大人)のなんと多いことか・・と気づいた。

自分、不器用ですから・・(高倉健になりきって^^;)。なんて言わせない。そこんとこ、きっちり。その作業だけは不器用でも丁寧にしていかなくちゃ。
# by takeotae | 2006-05-26 17:45 | Comments(0)

行って良かったぁ

昨日(もう、日付変更線を越えてしまった。今日って書けないね。はやっ。)息子の大学の後援会の委員会・懇談会・親睦会に参加してきました。
そう、今どきの大学はこうして後援会、俗に言うPTAみたいな活動があるのよね。昨年、息子が入学した時に声がかかって「いいですよ~。」と引き受けたんですよ。
いつもの悪い癖が出て(?)未知との遭遇が好きな私。ン!?大学にもなってこんな親御さんの活動があるのか・・やっぱ、ちょっと覗く価値あり、あり。
少し後悔してるのは、幹事になるべきだったなぁ。数あわせの存在の委員じゃ、な~んにも分からないわ。やるんなら、そこそこのポストにつかないと、な~んか中途半端だ・・ぶつぶつ・・。

って、細かい事はさておき、ドイツ学科の人と教育心理の先生とお友達になりました。う~ん、おもしろい人たち。
もうそれだけで、今日動いた価値あり!!朝、大雨で低めのテンションだったけど、新しい出会いに感謝。行ってよかったぁ。

中学の時大好きなT先生がいた。「私たちはもう充分に考えた。後は動くだけだ。私たちが動けばきっと何かが変わる。」と私のノートに書いてくれた先生だ。
よくよく計算すれば32年も前の話だ。なのに、こんなにくっきり覚えているのは何故だろう・・・。

動いて良かったぁ。そう、行って良かったぁ。
# by takeotae | 2006-05-21 00:40 | Comments(0)

20年後30年後のために今をゆるす

先日、夜回り先生こと水谷修さんの講演会に行って来ました。ぼちぼちと小ネタにして感想なりを書いていきたいと思ってます。もう本読んで知ってるからいらんて?ま、そんな硬いこと言わないでよね~。私本1冊も読んでないのよ・・。だから、丸ごと素の感想です。

「私はドラッグをやった子も売春をした子も窃盗をした子もどの子もゆるす。いいんだよ、と言う。彼らの20年後30年後のために今をゆるす。子どもは未熟だから子どもなんです。」
とおっしゃった。
私がウンチクを垂れる必要もない。そのまんまの言葉だ。

私たちは指示型、命令型の社会に慣れすぎて、良い悪い、ゆるすゆるさないを短絡的に決めつけてしまっているのだろう。はっきりくっきりがカッコイイという風潮に流されて。

何をもって良いというのか、何をもって悪いというのか。何のために何をゆるすのか、何のために何をゆるさないのか。”何”の部分が分からないくせに私たちは、親ぶって大人ぶってずい分子どもたちを困らせ、迷わせ、ダメにしたんじゃないだろうか・・。

ゆるすという行為はただ、その人の器が大きいとかそんなことじゃないんだよな。ゆるすということは、とてつもなく深く重たい、そしてその人が一番大切にしているメッセージ(たましい)をその相手に手渡すということなんじゃないかと・・。それくらいの深さや重さや愛が吹き込まれないと本当にゆるすことなんてできないんじゃないかと・・。

ゆるす大人になれる・なれないの前に、どんなことも真摯に受け止め、自分の目と鼻と口で吟味し、自分の歯で咀嚼し、自分の頭で考え、自分の言葉で子どもと向き合える大人でいよう、と思う。
# by takeotae | 2006-05-18 16:30 | Comments(0)

密かな誓い

昨日、市民救命士の上級資格を取得するための職場研修を受けてきました。いやぁ、帰ってきたらフラフラでしたぁ。一日中大会議室に缶詰で・・。そう、缶詰ってのがとても苦手。
それにしても、消防士さんて素敵だわ。なんであんなに元気でテンション高いの?まず、みなさん声がでかい。そして、テキパキ。
えっ?家に帰りゃ、フラフラぼろぼろだよ・・って?いいの、いいの、私たちの前だけでも元気でいてくれりゃ。

そうそう、私の得た教訓。バストアップ!う~ん、どう頑張ってもムリっぽい。いや、ムリ。ブラ(なまめかしくてジャーまでかけま
せん)のおかげでどうにか今の位置。なかったら5cmは下がる・・(?)
うっ、話が大幅にそれた。ごめん。

救急で大切な心肺蘇生法の中の心臓マッサージ。「剣状突起から指2本分上を手のひらで押し下げます。分かりにくい時は、目安として両乳首を線でつないでその真ん中です。」とおっしゃった。

げっ!なに?両乳首を線でつなぐ?下着のないハダけた胸?あかん、やばい!ひょっとして私の場合、胃のあたりを一生懸命押し下げられるんじゃないの~!?

真剣に人形相手に実習をしている最中、バストアップ、バストアップと何かが迫ってくる。

午後5時、私は『市民救命士』の資格証と『上級救命講座終了証』と『救命士バッチ』をいただき缶詰から解放された。
そして、私はそっと誓った。絶対、心肺蘇生法の世話になんかならないぞ!人前で胸は出せね~!出してやるもんか~!
# by takeotae | 2006-05-18 10:40 | Comments(0)

momのこと その1

2006年GW、私のmom(母)はチョット虚(うつ)ろになった。
風邪をチョットこじらせた。
何だかスーッと気力が萎えるように、虚ろになった。
ずっと、突っ張って、頑張って、張り詰めて、いつも力強い歩調で歩いていた人だ。
いつもアスリートのような人だと思っていた。
そんなmomの歩調がスーッとゆるんだ。

だから、凹んでた。バカだと自分でも思う。
私が2歳か3歳か・・momは父と別れなくてはならなかった。
二人の子供をかかえ、momは走り続けた。傍目に見ていて、そのエネルギー源は父に負けない事、誰の目にもみじめに映らない事、それだったように思えた。それはたぶん正しい。
79歳の身体にはもうキツイ・・・。

考えた。色々。momのこと少しずつ整理していこう。そしたら、何だかmomは元気になっていくような気がして。見えない力が少しずつmomに伝わりそうな気がして。

あかん!あかん!凹んでる暇はないゾ!
さぁ、思ったことは即実行しよう。momから得たもの全て整理して行こう。

って決めたとたんmomが昆布としいたけの佃煮を作ってやってきた。
久しぶりに笑った。ほんの少しだけ歩調がしっかりしていた。

mom、やっぱ~、アンタはスーパーウーマンだよ。私が思うほど弱くないんだ。
今度虚ろになったら「父はまだまだ元気でピンピンしてるよ。負けるつもり?」と言ってやろう。きっと、アスリートの目になるだろう、と思う。
                                                      (つづく)

*momと書いたのは「母」だとチョット硬い。「おかあさん」(私がいつも呼んでる日常語)だと何だかなまめかしくて。で、文にする時はよく「mom」と書いてます。照れ隠しかな。
# by takeotae | 2006-05-16 23:59 | Comments(1)